クレアチンとは・・・

最近トレーニングをやっている人の中で話題になているクレアチン。みなさんは、しっかり理解した上で飲んでいますか?なんとなくで飲んで期待外れだったら嫌じゃないですか?そこで今回は、クレアチンについて話します。

まずクレアチンとは、体内で自然に作り出される物質です。その原料は3つのアミノ酸(Lアルギニン、グリシン、Lメオチン)です。私たちの体内では、この3つの原料を使って肝臓で日々クレアチンが作り出されています。赤身の肉や脂身の多い魚をよく食べる人は、そのような食材からもクレアチンを体内に取り込むことができます。ただし、クレアチンを多く含む食材であっても、加熱料理することで分解されてしまうことがわかっています。

クレアチンは、体内では主に骨格筋や心筋に蓄えられます。そして必要に応じて運動のためのエネルギーに直ちに利用されます。クレアチンが高濃度で蓄えられている筋肉では、ADP(アデノシン二リン酸)からATP(アデノシン三リン酸)の再合成が素早く行われます。

ちなみに、クレアチン・サプリメントは、性別に関わらず安心して摂取することができる物質です。
みなさんもぜひ試してみてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。