質の高い睡眠

睡眠が健康を保つために重要であることは言うまでもなくわかっていることが、睡眠の質が下がると体にどう言う影響が出るのかを考えて見ましょう。
睡眠時間が6時間をきるとテストステロンの数値が低下する・ガンと戦う細胞の数が半分以下に減る・性欲の減退・脳細胞のデブリ(ダメージを受けた細胞の破片など)の除去が阻害されるなど様々なことが体の中で起こります。
睡眠をさまたげる要因は光・騒音・部屋の温度・痛みなど様々ですがその中の一つの光について今回は説明して行きます。
光は睡眠・覚醒周期と言われる眠っている時間と起きている時間を左右する要因となります。太陽が出ている間は起きて活動し、日が沈んだら眠るのが自然なリズムだがスマートフォンやパソコン・タブレットなどから発せられるブルーライトによって睡眠をうながす働きを持つメラトニンの分泌が抑制されてしまうことによって体の自然なリズムが乱されてしまう事が多いといわれています。
この事を解決するために就寝前にブルーライトを発する物を見ないことやブルーライトを遮断するメガネを買うことなどが効果的とされています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。