ヨーグルトは肺がんのリスクを減らす?!?

食物繊維とヨーグルトの摂取量の多い食事を取る事で、肺がんのリスクを33パーセント低下させる可能性があるという研究結果が発表されています。
その理由として、ヨーグルトに含まれるプレバイオティクスという腸内の有用菌の働きを助ける物質、プロバイオティクスという健康に有用な効果をもたらす生きた微生物の働きが肺がんのリスク低下につながると考えられています。
ヨーグルトに含まれるこうした物質は、消化管や心臓の健康を高める作用も期待されるものでもあります。
是非みなさんも毎日の食事にプラスしてみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。