胎児および乳児の運動発達

人間では、胎児期に運動発達が始まります。受胎後7週目に頭部および頚部への横紋筋への運動神経支配が生じ、さらに四肢や体幹の筋群の神経支配が完成します。

胎生初期から出生後の発達

胎生初期の神経系の発生は、急速に進む神経線維の形成によります。体節内、体節間、脳幹までを結ぶ求心性および遠心性の神経線維が形成され、8週目には反射運動に必要な解剖学的構造が出来上がります。その結果、接触、圧迫、振動などの機械的刺激に対して、胎児は反射的な運動を示すようになります。それ以降、中枢神経系の構造および機能の成熟につれて、反射運動も多様化します。9週目になると、自発運動が出現し、はじめに呼吸、摂取、排せつなどの自律機能として役立つものが現れます。その後に、屈曲反射のように防御機能に関係するもの、さらに把握や表情、姿勢保持や立ち直りの機能が発達していきます。

反射機構による運動行動は、出生後もしばらく続きます。出生直後は、大脳皮質からのニューロンは細く、伝導速度は遅く、樹状突起を欠いており、シナプスの数は多くありません。そのため、皮質から直接影響を受けない運動行動が現れてくるのです。生後12~14週までの乳幼児の運動は、脳幹や脊髄で統合されている反射によるものが多くなります。生後3か月を過ぎると、運動ニューロンは次第に皮質の制御を受けるようになります。

乳幼児期における運動発達

乳幼児期における運動発達の研究から、姿勢や移動、手の操作が並行して発達することが、これらの領域における運動技能の出現や向上に不可欠であることが明らかにされています。出生後の運動行動の発達は、胎生後期に引き続き、自律機能、表情や発声、防御反射、把握反射で始まります。その後、頭部や眼の定位調整機能、座位保持、立位、歩行の機能が順に出現します。

四肢の巧みな運動は、幼児期を経過して発達します。生後3か月以降、中枢神経系の成熟に伴って、運動行動を次第に変化していきますが、この過程は学習と考えることもできます。生後の数年間は、運動学習に集中している時期であるともいえます。脳幹網様体から脊髄への抑制性制御が加わり、脊髄反射は変容します。網様体は皮質網様体路の形成につれて、皮質の制御を受けるようになります。錐体路や錐体外路系の成熟によって、いろいろな随意運動が出現します。中枢神経系の抑制性機能は、主として出生後に現れ、3歳になるまで発達します。これは胎内という比較的刺激の少ない環境から、出生によって外界と接して多くの刺激を受ける環境に移った結果であるといえます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。