新生児の発達と神経発達

新生児の脳は約400グラムあり、成人の約4分の1ほどです。これが1歳で900グラム、3歳で1000グラムとなります。人間の脳にある神経細胞は1000億個以上と推定されていますが、これは成人でも新生児でも同じです。同じでありながら、成人と同じ行動ができないのは、神経発達が未熟で十分な学習がなされていないためと考えられます。

新生児の脳の神経発達

神経発達とは、1つには神経細胞が情報を伝える軸索が、髄鞘で覆われる髄鞘化によって、機能を発揮することです。もう1つは、神経細胞同士が連絡するシナプスが形成されていくことであると考えられます。
新生児の脳の神経発達は、基本的な機能をつかさどる延髄や橋から始まり、中脳、そしてより高度な機能をつかさどる大脳へと進みます。その神経発達と学習により、さまざまな行動が可能となっていきます。

人間の基本的動作に関係する部位の髄鞘化は3歳ごろまでに完成します。そして神経発達とともにレベルに合った学習を行い、6歳ごろまでに基本的動作ができるようになります。
長期の記憶と関係する大脳皮質の前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野などの髄鞘化は3歳以降に行われるため、それ以前のころのことは、覚えていないのが普通となります。

母子相互作用

新生児の脳には、生後に見聞きするであろうすべての鋳型が組み込まれており、母親の声や顔などに反応します。生後5日をすぎると、母親の匂いや声にだけ特別に反応するようになります。
このような行動により、新生児と母親は互いに反応し合い、赤ちゃんは赤ちゃんらしく、母親はお母さんらしくなっていきます。
これを母子相互作用と言います。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。