関節因性筋抑制 -Arthrogenic muscle inhibition-

膝変形性関節症の方の運動療法を考える場合、「膝変形性関節症の患者さんは神経系の抑制性反射メカニズムによって、大腿四頭筋の筋力が低下している可能性が高い」ということを考慮しなくてはなりません。この神経系の抑制性反射メカニズムのことを関節因性筋抑制(Arthrogenic muscle inhibition:以下AMIと略)と言ったりします。

関節を起源とする筋肉の抑制

このAMI。
arthro = 関節、 Genic = 生じる、という意味から、関節を起源とする筋肉の抑制であることが分かります。筋肉が抑制されると脳と筋肉が上手くコミュニケーションできなくなり、筋肉を上手く使えなくなります。

「力を入れたくても、神経抑制によって力が入らない」

その結果使われなくなった筋肉は、筋萎縮を起こすという流れに陥ります。このAMIという症状は、非常によく見られる症状なのにも関わらず、実はこの存在をちゃんと理解している施術家が少ないのが現状。AMIに関する論文を読むと
“neural inhibition of uninjured musculature surrounding an injured joint.”つまりは、

neural inhibition=”神経抑制”
uninjured musculature=”傷ついていない筋組織”
surrounding an injured joint=”傷ついている関節周辺の”

要するに”傷ついてる関節周辺のノーマルな筋に神経抑制が起こってる”というのががAMIの正体。

これは神経の働きとして、「関節に起きた怪我」をきっかけに、周りの筋肉に「静まれ!」と抑制のシグナルを送り始めます。
筋肉そのものには一切損傷が起こっていませんが、その筋肉を支配している神経が「動いてはいけない!」というシグナルを出すので、筋の活動が抑制されてしまうのです。

関節のケガをしたことで、筋力が落ちた..

このような場合、筋の抑制シグナルを抑えない限り、トレーニング、治療効果も薄いことはわかると思います。
実はこのような症状ってよくあったりします。

例えば、捻挫です。
内反捻挫を繰り返すということも、前距腓靭帯が伸びてしまっているからというのもありますが、その前に靭帯損傷によって本来働くはずの腓骨筋などの筋力低下などがこのAMIによって生じていたという可能性も考える必要があります。

関節のケガをしたことで、筋力が落ちたという方はAMIによるものかもしれません。
このAMI、TENS(経皮的電気刺激)を使って抑制性の反射メカニズムを改善すること、あるいはクライオセラピーなどで冷やすことで抑制を抑えることができることがわかっています。

治療家としては症状を知った上で、それに対する効果的な治療プランを選択することが求められますね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。