発達性動作機能不全

発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でない動作を学習してしまった場合、あるいは不適切な活動が正常なシステムに取り込まれてしまった場合などに生じます。出生後、正常な構造やシステムが発達・機能するためには、一連の動作を行う機会が必要です。研究者や医療従事者は、動作の発現の過程を発達の標石として考えます。

運動発達の遅延の影響

乳児は頭部と頸部のコントロールを獲得した後に寝返りを行うようになり、様々な姿勢や肢位を立位へと発達させます。このような運動の発達は、ある年齢の範囲内で生じる必要がありますが、遅延することもあります。この運動発達の遅延の影響は長期間に及ぶかはわからないですが、生涯にわたる他の問題に結びつく可能性もあります。乳幼児期から成人期まで身体と脳は急速に成長します。成長は直線的ではなく、また動作能力についても同様です。

身体の成熟過程が動作能力に影響を及ぼす可能性があります。他の身体的な問題と同様、早期の発見によって最も適切に修正することができます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。